朝一番に起きて鳴門の大塚国際美術館にゴッホのひまわりを見に行こうと思っていたが 起きれずにグダグダしていたので目的地を変え、神山のかま食堂にランチを食べに行きました。

以前に一回行ったことがあったのですが、その時はランチプレートで小さい皿の安いのがあったのですが 全部1250円のプレートになってました。

最初にプレートにサラダを盛り、カブの炊いたものと大根の煮付け、コールスロー メンチカツを山盛り載せて、御飯と味噌汁をもらいました。

地元の野菜を50%以上使っており、新鮮でエネルギーを貰いました。 食べてる途中で雨が降ってきたので観光は諦め、イオンに向かいました。

山道をずっと走りイオンにつくと 駐車場が満杯でウロウロしてると車椅子用のところが空いてたのですが躊躇して出ました。

結局走り出してから2時間立ってゆめタウンに着き、障害者用のとこに止めました。結局止めるのならイオンでよかったのですけど。

その中の紀伊国屋書店に行き、いろいろ本を見ていると喧嘩の仕方という本がありどんなときでも周りをスキャンして 戦い方を決めてサバイバルするものがありました。

日本では警戒心のない人が多すぎるのかもしれないですね。 海外に行ったときには人に気をつけないとと警戒しますもんね。シロジャムの口コミ